あなたの目的とニーズに合うお金を借りる方法を選ぼう

お金を借りる方法としては、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといった目的別のほか、資金目的を問わないローンもあります。
生活費に充てるためや、様々な用途の資金ニーズに対して不足するお金に充てたいという場合は、資金目的を問わないフリーローンやカードローンが活用できます。
もっとも、フリーローンは一定のまとまった金額を一度に振り込むタイプのローンです。
これに対して、カードローンは一定の利用可能額を設定したうえで、その範囲であれば、自由に借りたり返したりができるタイプです。
利息は実際に借りた分にしかかからないため、今すぐお金が必要でない場合でも、将来の資金ニーズの発生に備えて、申し込んでおくこともできます。
カードローンはどこで申し込めるかといえば、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などの貸金業者のほか、都市銀行や地方銀行、信用金庫等の金融機関でも取り扱いがあります。
申し込み方法は店頭窓口のほか自動契約機や電話、インターネット、郵送と多彩なルートが用意されています。
ご自身のライフスタイルや都合に合わせて選ぶことが可能です。
申込時には収入等の信用情報を尋ねられ、それに基づいて業者ごとの基準に基づき審査が行われます。
審査はその人に貸していいか、いくらなら貸せるか返済能力を判断するものです。
審査が通ると、利用可能額と適用利率が決定され、それに納得すれば正式に金銭消費貸借契約を結びます。
カードを受け取れば、提携のATMでいつでもお金が借りられるようになります。


参考サイト→お金を借りる方法




本当に無利息なのだろうかと多くの人が疑問に思うキャッシングの無利息期間とは

キャッシングサービスを取り扱う金融機関、信販会社、消費者金融機関の中には、「無利息キャンペーン」という宣伝をしている会社があります。
インターネット広告や雑誌広告で目にすることが多いです。
信販会社や消費者金融のキャッシングサービスは一般に貸出金利が少し高めというイメージがあるため、無利息なわけがないだろうと広告を無視してしまう方がおられるのは残念なことです。
実際に宣伝広告通り「無利息キャンペーン」を行っている業者は、無利息でお金を融資してくれます。 この「無利息キャンペーン」、どのくらいの期間を無利息で融資するのでしょうか?
返済全期間無制限に無利息にしてしまうなら、お金を貸し出す会社の経営が立ち行かなくなるのは目に見えています。 ですから、無利息期間が無制限ということはありません。
会社により設定期間に幅があり、1週間以内の全額一括返済については無利息とか、30日以内、最大で180日以内は無利息期間を適用という会社もあります。
金融機関は政府の正式な認可を受けて営業していますから、無利息の設定期間中に全額を返済すれば、一切金利は発生しません。
お金を貸し出す方にはまったくメリットがないように思える「無利息キャンペーン」実は貸し出す方にも大きなメリットがあるのです。
まず、金利が不要ということで気軽にお金を借りてくれる新たな顧客が増えます。
サービスする金利は宣伝料です。
そして、無利息期間を超えると金利が他の商品よりも高めに設定しているケースが多いので、赤字にはならないのです。





Copyright© 初めてお金を借りる方へ All Rights Reserved.