定額リボルビングシステムの上手な使い方

リボルビング払いの支払方法の一つである、定額リボルビングシステムについてご説明します。
一般にリボ払いと呼ばれるのはこの返済方法で、一括払いと違い毎月決められた一定額支払う方法です。
利用額(残高)に対する支払額は、ミニマムペイメント(最小支払額)を採用しています。
この定額リボルビングシステムは、通常の分割払いが支払回数によって月々の支払金額を決めるものであるのとは対象的に、あらかじめ月々の支払最低金額が決まっているものです。
毎月の支払額を少なく抑えられ、かつ一定の金額であるため管理がしやすいです。
ミニマムペイメントは返済期間がいたずらに長くなり過ぎて多重債務に陥らないよう、計画的に支払らえる額に決められています。
この金額には金利と元金へ充当される分に分かれています。
支払いが進み残高が減ると金利が少なくなり、元金へ充当される分が増えていきます。
利用限度額までいくら使っても毎月の支払額は一定ですので、残高が多ければ返済期間は長くなり、少なければ短い返済期間になります。
リボ払いは全期間分割払いが基本の支払い方法ですが、上手に利用するには返済回数が少ないうちに、ボーナスや臨時収入などの余裕がある月に支払額を増額するか、もしくは残金一括精算をすることで、当初支払う予定だった金利分の支払いが減らせます。
このように定額リボルビングシステムは支払途中で任意で支払額を増やすことができる便利な支払方法なのです。
即日融資で50万借りたいときにすぐ50万円借りる方法としてもカードローンは便利なので関連知識を身につけましょう!


Copyright© 初めてお金を借りる方へ All Rights Reserved.