都市部でサービスを展開している都市銀行

私たちが利用している日本の銀行には、都市銀行と地方銀行という一つの区分があります。
この区分に法的な根拠はまったくなく、便宜上そう呼んでいるだけです。
都市銀行とは、東京や大阪など、都市に本店があり、全国展開している銀行とされていますが、大都市に本店があり、多くの支店を展開していても、都銀として区分されていない銀行も存在します。
現在、都市銀行と呼ばれているのは、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行の5行のみです。
ただ、埼玉りそな銀行を含めず4行だという意見もあります。
統廃合を繰り返すことで、巨大なメガバンクへと成長し、日本のみならず世界でも営業を展開し、日本経済にとって大きな存在感を誇っているのが都銀です。
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行など都銀は、これまで大口の顧客である大企業を主なターゲットとして営業を行ってきましたが、最近では大企業だけでなく個人にターゲットを絞った営業も展開しています。
そのため、2万円借りるなどの場合でも、以前なら、大企業は都銀、それ以外は地銀という住み分けがありましたが、はっきりとした区別がなくなりつつあるのが現状です。
これから、さらに個人客に食い込んでくるようになれば、地銀と競合する部分も大きくなっていくでしょう。
ただ、これは選べるサービスが多くなるということなのですから、ユーザーにとっては悪い話ではなく、利便性が増すことで銀行が利用しやすくなるというメリットがあります。


Copyright© 初めてお金を借りる方へ All Rights Reserved.